• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらにスマガ ネタばれ全開編

スマガ 特別限定版スマガ 特別限定版
(2008/09/26)
Windows

商品詳細を見る

ようやっと全ルートクリアしたので(仕事の前に終わってよかった)つらつら書く次第であります。
物語の核心をド突きまわしているので、未プレイの人やSMGルートくらいしかクリアしてない人はmoreを押さないことをお勧めします。

ボウフラ的物語を100パーセント楽しむうんこマン(主人公)の進んだほうがいんじゃねルート
SMG→SMG個別→鬼太郎→沖→最後

最後のルートの条件にSMG個別はなさそうですが(おそらくSMG、鬼太郎、沖をクリアすると自動的に突入)、まぁ既存のルート全部埋めてからのほうがラストっぽいですしね。

以下ネタばれ

一言で言うと、ここまで壮大な告白をされるとは思いませんでした。しかも並のストーカーなんか相手にならないほど陰湿(笑)な方法で。

だってまさか、思い人を自分の世界に閉じ込めて、散々邪魔をして、それでも自分を迎えに来るのを何百、何千、何万年も待っていたなんて。
しかも自分以外に走った思い人や途中で諦めた思い人はそのままに、どんどん量産して。
なんという執念、なんという情熱。俺でもヒくぐらいのべたぼれっぷり。しかもあんなおとなしい外見と性格のくせして、やってることはツンツン(アリデッド)
ドSですね。

もしやこのゲームはドM製造機なのでは。いやゲームのコンセプト事態がドMなのはプレイ前からわかりきってることなんですが、まさか世界を作った人の自演だったとは。

なんか貶してるように見えるから、そうではない、と断っておきます。


正直なところ、最後には驚かされた。
まずSMGルートをクリアした時の感想として、「ハッピーエンドを迎えたかったら生き返るくらいしてみろよ諸君」的なことを書いてたんですが、
トゥルールート(アリデッドルートのほうが字面がいい気がする)に入った当初、俺はある種の落胆を抱いておりました。
それまで培ってきたルートは、結局最後の一人を落とすための通過点だったのかと。
一度SMGで世界を救ったカチカチうんこマンが、最後はたった一人のためにだけの物語を紡いでしまうのかと。
もちろん嫌な予感は的中し、アリデッドルートの中盤までは、主人公とアリデッドしか登場しません。それまでいた魔女も新聞部も生徒会もパイオツニアも、かけらも出てきません。これまで全員でハッピーエンドを迎えようとしたうんこマンは、ここにきて一人の幸せのために動き出しました。(鬼太郎、沖ルートでもそうなんですが、その辺はまた後ほど)
落胆ですよ。
しかも彼らが帰る実世界では今にも隕石が落ちてくるという。
なんだこれ結局セカイ系じゃねぇか。
今までうんこマンがやってきたことは、最後の最後で意味を無くしてしまう。いや、全員を幸せにするならアリデッド、つまり川嶋をも幸せにしなけりゃならないのは当たり前だけど。
これじゃ川嶋とカチカチうんこマンが生きる世界が救えない。
なんてこった。

という浅見が、にわかに俺に明を持たせることになりました。浅見の明、素晴らしい。
もちろんトゥルーエンドを見た人なら、以上の俺の感想はまったくの見当違いであることがわかると思います。

ここで大逆転が起こってしまいます。

最後の最後ですべてをあきらめたカチカチうんこマンを、このまま終わらせてしまってはいかんのです。
それまでの道筋は無駄ではなかった。彼が救ってきたすべてのやわらかうんこマン達が、今度は彼を救うために動き出す。
実世界での破滅を食い止めるために、フィクションの壁を越えて、飛び出すのです。

これぞカタルシス!

これぞリベンジ!

やっぱり最後はハッピーエンドでないと!

このゲームの趣旨から考えれば、誰ひとりとして不幸になってはいかんのです。

だから最後はハッピーエンドでないと!


このゲームを買って後悔はしておりません。
頭の悪い俺に幸あれ! 沖あれ!


蛇足:
食われてるみてーだし
一番の笑いどころ
全体的に鬼太郎の変態ぶりはイイ、すごくイイ



さらに蛇足:
やっぱりトゥルーでの宮本(と樋ヶ)の扱いが……でも確かに宮本(と樋ヶ)は関係ないし……ブツブツ

てか樋ヶルートはどこに!



さらにさらに蛇足:
SMG個別がトゥルーに関係していないってのは単に最後のうんこマン+魔女集合の時に出てこないからで、それ以上の根拠があるわけじゃありません。でも多分あってると思う。


蛇足スペシャル:
沖ルートが物語の核心に迫りまくりなのと対照に、鬼太郎ルートが核心から遠ざかってただの恋愛ものになっているのは、確かに二つのルートの対比にはなっているけれど正直どうかと思ったり思わなかったり。
鬼太郎のジャーナリズム魂がうんこマンとの恋愛であっさり消えるあたりは面白いけれど。トゥルーで補間もされてるし。
でもどうかと。


蛇足エクスキューション:
沖ルートでは結局セカイ系(というかクトゥルフのサニティがないバージョン?)、最終兵器彼女的な最後だったり、鬼太郎ルート(いい加減日下部って呼んでやりたい)では逃避行エゴイズムだったり、
この二人のルートは正規であるはずなのにうんこマンが世界を救うことを放棄しているのはいかんとも。いや上記のとおりトゥルーではそうでないことが補間されているのだけれど、各ルートをクリアした直後だとSMGルートのSMの段階で、実際SMG個別のほうでは(作られたほうの)世界は結構救い気味なのに、この二人とともに世界を救ってしまうルートがないのは、魔女よりもむしろ二人のほうが気に入ってる身としてはいかんともしがたいモヤモヤがどうのこうの。
謎解き用ルート(特に沖は)ゆえ、ですかね。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

星野ボウフラ/初緑

Author:星野ボウフラ/初緑
いろんなモノを目指しすぎて何をすればいいのかわかりません。とりあえず今やらなきゃいけないことを全部ほっぽり出して寝ます。

(GC)GAMEHA.COM
このページはGAMEHA.comに登録されました!

小説
SNOW VILLAGE
カテゴリー
最近の記事
名言・格言集
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。