• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rainbow Girlを男が歌うのがイイ

D
Rainbow Girl
作詞/41スレ673 
作曲/43スレ437(動画内ボーカル)
歌詞など:RAINBOW GIRLとは (レインボウガールとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 2007年に誕生したこの曲、発祥は2chの「作曲できる奴ちょっとこい」というスレッドです。
 もう4年になるんですね、最近は時間が経つのが早いなぁ、と思うような最近です。気がつけば前の更新から一週間も経っておる。
 ネット上では(特にニコニコでは)結構有名な本曲ですが、なにゆえ今更この曲について記事を書くのか俺にもわかりません。肝心なのは心からわき上がる情熱でありまして決してネタに困っているとかではありませんので。もにょもにょ。

 Rainbow Girlは二次元少女についての曲です。二次元→二次→虹から来ています、多分。この曲のおもしろいところは女性視点で歌詞が書かれているところで、つまり二次元少女視点なんですね。これはなかなか珍しいことではないかと思いまして、アニソンにはキャラクター視点の曲はたくさんありますが、二次元である、と言う前提のものはそう多くありません。「視点の少女が二次元であることを自覚している」というのは、この曲の設定を考えれば当たり前ですが。
 少女が一人の男と出会ってから別れるまでの心情がいろいろつづられるワケですが、大事なのは「二次元である」という点です。この曲の少女は、あらかじめ性格などのキャラクター付けがまったくされていない状態です。「なにかの作品(内容からゲーム)」の「キャラクター」なわけで、それを購入した男と会う、という始まり方。
 女性視点で、だが二次元。これは他のキャラソンが「少女が実在する一人の人格」である曲と大きく異なる点です。
 もちろん、この曲をその定義に当てはめることは可能です。本来はデータもしくはイラストである「二次元少女というキャラクター」としてみると、それはそれで良質な悲恋の曲になります。まぁ、つまり、こういうわけかたは自分でもどうかと思いますが「女性が歌った場合」ですね。

 男性が歌うと、この曲は楽しい変化を起こします。この曲のもう一人の登場人物として少女と出会う男がいますが、彼に対して感情移入ができうる、という解釈です。ぶっちゃけてしまえば、これは「妄想の歌」なんですね。ゲームを購入した男が、その少女の心理を勝手に作って、恋愛をして、別れて、というとてもイタい曲に早変わりです。そして俺は、どっちかというとこっちの方がいい。なぜかといえば、それがまさにオタクが持ち得た性質であると思うからです。
 二次創作的な「キャラクターの改変」は珍しいものではありませんが、この曲はそれを歌にしてしまってるんですね。なにかの作品のキャラクターである少女を、自分の都合のいい用に改変してしまい、あまつさえそれを歌にしてしまった憐れなオタク青年のとても悲しい歌。とても自嘲的で笑える。自意識を持たない二次元少女があたかも自分に恋しているかのような、しかも自分が飽きてしまってもずっと恋い焦がれ、あまつさえ感謝までしているのを想像している、ということを想像しながらこの曲を聴くともはやどんな曲とも違うオンリーワンなものができあがります。ライオンがたんぽぽの心情を創作していると噂の「ダンデライオン」にも通ずる所がありますが、こちらは二次元少女ですからレベルが違う(笑)ある種のナルシシズムが迸るまさにオタクらしい歌のできあがりです。

 二次元少女に恋するのが男性だけとは限らない、というのはとりあえず置いておくとして、一般的には男性であるといえましょう。そういうわけで男性がボーカル、しかもあまりオシャレっぽくないほうがイイ。いかにも的な匂いがあればなおよい。というわけで、俺は男性が歌っている方が好きだったりしますが、ニコニコで発表されているいわゆる「歌ってみた」には男女ともに、またアレンジも多種の、良曲が多く上がっているのでお試しアレ。
 男性がボーカルの時と女性がボーカルの時でまったく印象が異なるこの曲、非常に大好きです。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

星野ボウフラ/初緑

Author:星野ボウフラ/初緑
いろんなモノを目指しすぎて何をすればいいのかわかりません。とりあえず今やらなきゃいけないことを全部ほっぽり出して寝ます。

(GC)GAMEHA.COM
このページはGAMEHA.comに登録されました!

小説
SNOW VILLAGE
カテゴリー
最近の記事
名言・格言集
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。