• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲロ吐くダンゲロスを待つ ~飛行迷宮学園ダンゲロス~

飛行迷宮学園ダンゲロス―『蠍座の名探偵』― (講談社BOX)飛行迷宮学園ダンゲロス―『蠍座の名探偵』― (講談社BOX)
(2012/06/02)
架神 恭介

商品詳細を見る
 そろそろ新刊が発売されてもいいのでわないか。
 発売当初に読んでとりあえず乾きを癒やすことができた本作の感想文をなぜ、八ヶ月も経った今書くのかというと、再読したからに他なりません。あの頃は前の仕事を辞めて先の見えない状態でしたし、自分がWEB上に投稿しているキャッスルガード・ヒーローズの更新(初緑との合作)で忙しかったこともあって、ブログ関係はもうほぼノータッチでしたから、本作に限らずあの時期に消化した数々の作品の感想は今も私の頭の中です。

 ダンゲロス。現在マンガも連載されているスプラッタ異能青春小説のシリーズ、その二作目である蠍座の名探偵ですが、再読してもやはり面白い。風呂に入って読み始めて読み終わったので体中の水分がやばいことになってます。止めどきがない作品なのでむべなるかな。というか第六ポンプと南極点のピアピア動画を二冊買ってきたのになぜ既読のダンゲロスを読んでしまったのか今でもよくわかりません。第六ポンプはこれを書き終わったら読むつもりです。

more»

スポンサーサイト

ライアーゲーム Ⅶ と 新吼えろペン 第11集

表紙でリボルバー構えているブロンドの美人が誰ぞ新キャラかと思ったらフクナガでした。
なんか裏切られた気分。

more»

西澤保彦「人格転移の殺人」をネタにしてルールドミステリの話

人格転移の殺人 (講談社文庫)人格転移の殺人 (講談社文庫)
(2000/02)
西澤 保彦

商品詳細を見る

世の中にはルールド・ミステリ、というものがあります。
いや、この呼び名はあまり有名ではなく、かなりマイナーな、それこそある書評を読んだ人にしか伝わらないような呼び名ではありますが、この「人格転移の殺人」を一言で表現するならこれ以上の言葉はきっとありますまい、と、俺はそう思います。

more»

本を汚すのが好き

新吼えろペン 8 (8) (サンデーGXコミックス) 新吼えろペン 8 (8) (サンデーGXコミックス)
島本 和彦 (2007/08/17)
小学館
この商品の詳細を見る

誰も賛同してくれない悲しい性。
汚れている本が好きです。別に綺麗な本も嫌いじゃないですが、どちらかと言えば絶対汚れた本です。手垢がついてるって事は誰かに読まれた本だってことだからです。誰かが読んだ程の本だってことです。汚れていれば汚れているだけ、多くの人が読んだ本だって事です。もしくは一人が何度も読み返した本だってことです。日に焼けている本は長い年月を経て俺の手に渡った本だってことです。
だから俺は本を汚すのが好きです。別にわざと汚すんじゃなくて、読み進める内に端が汚れていくのが好きです。手が特別汚い訳じゃありません。読み返すときに端が汚れてたりしたら「俺はまたこの本を読むんだ。なんでだろう」と考えます。内容は知っているのに、オチもわかっているのに、なんで俺は読むんだろう。
俺は普段、あらゆる屁理屈を駆使して「本は読み捨てるべきものだ」と言い切っています。何故って、世の中には本が溢れていて、一冊を読み返す時間を新しい本を読むのに使わなければもったいないからです。好きな本だからと人は言いますが、新しく好きになれる本を探すほうがどう考えても有益だと俺は主張しております。
でもそういった理屈を抜きにして、何度も読み返してしまう本が俺にもあります。具体的にはマイクル・クライトンの「タイムライン」であり、新城カズマの「浪漫探偵」であり山田風太郎の「甲賀忍法帳」だったりします。あるいはシェイクスピアの「マクベス」もそうですし、島本和彦の「吼えろペン」や増田こうすけの「ギャグマンガ日和」、秋山瑞人の「猫の地球儀」もそうです。キングの「スタンド」も長いクセに何度も読んでしまいます。
そういった本があるのが非常に嬉しい。

風邪でダウンしておりました。
SNOW VILLAGEは31日にむけて鋭意制作中です。
ちなみにコミケには当選していました。

Born on a Blue Day Born on a Blue Day
Daniel Tammet (2007/02/22)
Hodder Paperback
この商品の詳細を見る

青い日に生まれて、という本があります。邦題は「僕には数字が風景に見える」だったかな。
エッセイなんですけど、サヴァン症候群(知的障害や自閉症を持つ人の中で、ある分野において驚異的な能力を発揮する症例)を持つ著者は、複雑な数式がタイトル通りにまるで風景のように見えるそうです。十カ国語を操り、数学に秀でた彼は同時にアスペルガー症候群でもあり、他者とのコミュニケーションが困難。その彼が家族や仲間の暖かいどうのこうの~という本でして、非情にそれが読みたい。語弊を承知して言うなら、語学が堪能なことにある種のあこがれを抱きますし、さっぱり駄目な数学に関しての秀でた才を持つ彼がどんな人なのか知りたい。その特異な頭の中が記された本を読んでみたいのです。よ。

ただまぁ、まだハリーポッターもやばい経済学も半ば積ん読(一発変換されてビビる)状態にある今、新しく洋書を増やすのはいかがなものかと、といった自制心が働いたので今日は見送りました。でも次に行って無かったりしたら後悔するんだろうね。きっと。数学的にありえない、も読みたいし、ラビリンスも読みたい。邦訳もいいけれど、やっぱり原語の雰囲気とか「読める俺ってすげーなぁ」とか優越感に浸りたいじゃないですか。どうでもいいですか。そうですね。

二年ほど過ぎて

カズフサと絶対くっつくと予想していた庵子が結婚してたりした

予想外の展開に少々戸惑いぎみです
すごい寂しさを感じる
プロフィール

星野ボウフラ/初緑

Author:星野ボウフラ/初緑
いろんなモノを目指しすぎて何をすればいいのかわかりません。とりあえず今やらなきゃいけないことを全部ほっぽり出して寝ます。

(GC)GAMEHA.COM
このページはGAMEHA.comに登録されました!

小説
SNOW VILLAGE
カテゴリー
最近の記事
名言・格言集
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。